February Celebration!! TVXQ!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

はじめに。

141226_stage.jpg




Happy 28th Birthday!! Dearest Yunho.
初めてリアルタイムでお祝いできる、それはそれは嬉しいユノの誕生日にブログを始めます。


私の周りには、残念ながらトンぺんさんが1人もいません。


このブログを始めるきっかけは、トンぺんのお友達が出来るといいなあ、という淡い期待と、

2人の大切な2014年の活動を、超微力ながらも、少しでも盛り上げる事ができたらいいなあ。
と、そんな気持ちでヨタヨタはじめています(^^




私がトンにはまった理由を、ちょこっと説明させていただきます。
(長ーいひとりごとです。。すいません)
(私は新米ペンなので、時々5人時代の話を配慮なく書いてしまうかもしれません。
 当時の様子を、今では記事で知るしか無く、私は純粋に2人を応援するスタンスです。
 事実に対して、何の意見も無い事を、明記しておきます。)



昨年の春、私はとある韓流ドラマの俳優さんが大好きでした。
とても面白い作品で、その作品に出ていた元トンメンバーの俳優さんを気に入った母の為に、ネットで色々と情報を集め始めたのがトンを知るきっかけでした。



勿論、日本でもとっても有名な彼らの名前は昔から知っていたのですが、
基本アイドルに興味が無い私は、完全にスルー。でした。



いろんな事があって、今は2人で活動している事を知り、
初めて、ユノとチャンミンという2人の名前と顔を覚えました。

そして、この”奇跡の男前2人”を華麗にスルーしていた自分のアホさに衝撃を覚えました。
(銀のクマCMとか、見てたのに!ウェー? あなた誰?)


そして。
「Why」PVを見てしまったその日から。
毎晩大音量で何度も何度も「Why」を見て。
ヨウツベに迷い込んでは、たくさんの「Why」映像を集めて、何度も何度も見て。
私のトン活は始まったのです。


そして。
さらに、見た瞬間にフリーズした「Before U Go」(Dance Version)。
今度は、お隣から苦情がくる位(ごめんなさい。。)大音量で何時間も何時間も、
寝るもの忘れて見て。
完全にユノにもっていかれました。(何を?)



自分でも、このどはまり具合に戸惑っている内に、気づいたら
”TIME Tour Final in Nissan”のLive Viewingのチケットを、
生まれ始めてのネットオークションで落札していましたw
(ブルブルでしたが、本当に素敵で良心的なトンぺんさんにお譲りいただけました。)


この年でアイドル好きになるのもどうかと思うし、
ウチワとかペンらとか意味不明だし、
もう既に超有名でファンクラブ25万人とかいるし(笑)、
しかも韓流だし、
ネットオークションとか危ないし、
Live Viewingてなによ?とか言ってたのに。



劇場で、Fatedで登場する真っ白のユノの姿を見た時は、声も出ませんでした。

こんな人がいるんだなー。て。涙がでました。

そこからの3時間半は、本当にあっという間で、頭ぱーん でした。
どうやって家に帰ったかもよく覚えてません。





あの日から、そろそろ半年くらいたちますが、
トンの2人は、公約とおり(笑)、私の人生にたくさんの夢と希望と、パワーをくれました。
そして、今も、今日も。



人より少しばかり、大変な事の多い私の人生ですが、
彼らからもらうパワーで、人生の質を少し、暖かくてきれいなものにしてもらえました。



朝がくるのが嫌だった日々が去って、
明日を楽しみに眠りにつく日々を与えてくれました。


いつも不器用にまじめにしか物事に望めない私を、
精一杯 肯定しれてくたのがユノでした。

そして、そんな生き方を受けて入れてくれる人がいる事を、
教えてくれたのがミンでした。



そんな事が、私にどれだけ大きな意味を持っているか。
いつか、何かの形で、2人に返す事ができればいいのにと心から思います。




私の人生の中で、音楽は常にとても大切な意味を持っています。
超えられないような辛い苦しみに向き合う時、
人生の場面場面で、私を支えてくれた音楽がたくさんありました。


Your melody save my life,
and your music flow always beside me.



エンターテイメントは、人の人生を変える事ができます。

そんな素晴らしい力をもったアーティストである2人を、心から応援しています。


今までも、今日も、明日も、
素敵な音楽や言葉を届けてくれて、本当にありがとう。
スポンサーサイト

| はじめに。 | 23:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。