February Celebration!! TVXQ!

2015年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[鍵]マジックナンバー26と、音楽と、パールレッドと。軍楽隊配属決定♪

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

| ユンホ&チャンミン通信15-17 | 23:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[鍵]ユノヒョン、新兵訓練修了お疲れさまでした♪

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

| ユンホ&チャンミン通信15-17 | 23:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[鍵]中隊長ユンホ氏。-26師団のビデオなど。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

| ユンホ&チャンミン通信15-17 | 00:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[鍵]You go your way. v4 - 星を継ぐもの。(本編)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

| トン語り | 02:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

You go your way. v4 - 星を継ぐもの。(序)


ご無沙汰しておりましたっ。
(いつものことなんですが。。)

ちょっと個人的に非常に辛いことがありまして、
しばらくブログを離れておりました。

まだ浮上中なんですけど、
元気を蓄えるために、戻ってきてみましたよ。
トン活は元気の源(^^






びょるチャンミン語り、途中になっててすいません。。








ちゃっ。




昨日は、TIME Final in Nissanから、記念すべき丸2年。


150819_nissan.jpg

東方の神に腰を抜かしてから早2年の月日が流れました。。
なんかこのお二人、クリオネぽい。






ほんと、2年なんてあっという間かもしれませんね(^^







思い返せば、この2年間の辛いことや悲しいことを乗り越えるために、
この出会いがあったんだなあなんて。

会ったことも話したこともない彼らですが、
改めて、同じ時代に生きて、たくさんのパワーを与えてくれることに、
深く感謝します。

さあ、トンカツ3年目に突入!!











時間が空きすぎてしまい(^^;
自分が何が書きたかったのか半分忘れておりますが。。



今年、
ユノの兵役とともに始まった東方神起の活動休止期間。


150816_tvxq.jpg

結果的にその期間を最短にすることを選択した二人。
たくさんの、あり得た選択肢を排除して、
あえてその選択にたどり着いたお二人の、
心の経緯を。




ちょっと想像してみたり。してみます。




(こういうの嫌な方も多いと思いますので、
 鍵をつけました!

 読まれる方は、「さまぴよの勝手な妄想」というなのフィクション(長)として
 ご理解いただける方のみ、おねシャス! (`・ω・´)キリッ.)




・・・だいぶ、ビビリながら書いていますんで。。
なら書くなよ。。






| トン語り | 22:22 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

You go your way. v3 - 星の輝きを引き出すもの@ヨンジン氏の永遠のミューズ

今日はちょいと、(∵)通信より。



ちらほらと、

ユノが所属している第26師団の方のエピソードが。





声が大きくて訓練所代表とな!!

フアアアアア。。元気そうでもう萌え萌えです。。

きっと、暑い中でも胸を張って元気に過ごしているんでしょうね(^^
私も夏バテに負けずに頑張らねば。






おまけ。7月末の26師団の訓練写真だそう。
ユノがいる可能性があるとかないとか。。

150808_y26.png

ウォーリーンホを探せ!
too many ボーズでさっぱりわかりません(゚∀゚)


みんな、体調崩さないでがんばってくださいね!












ちゃっ。












もう今更ながらの独自路線を爆進中ですが、
今日も"OZ"起点でお話続けます。





ことのおこりはこちらのツイート。





OZの劇中で非常に重要な役割を果たしている2曲が、
KOMCAに登録されたそうです。


*KOMCAは、日本でいうJASRACに相当する団体ですかね?
 韓国の音楽著作権管理団体です。
 ここに登録されることで、よくシングルカットされる曲情報が流出しますよね。




これを受けて、

「いよいよ ”School OZ"のOST出ちゃうんじゃない?!」

の期待感が高まっております!



ヒーハーッ!( ゚∀゚)




いやほんとにね。名曲ぞろいなんです。






「One Fine Day」

COEXのイメージビデオにも使われている素敵な曲です。
OZでも、オープニングに使われています。
この曲、超上がるから大好き♪

チャンミンと、出演者皆で歌われています。











「One Day One Chance」
チャンミンが劇中で歌い上げる主題歌。



これね。。本当に。。

劇場で聞くと凄まじいです。
一聴の価値ありです!!



いわゆる映画サントラの王道にありそうな
とてもドラマティックな展開の曲なんですが、
チャンミンの壮絶な歌唱力が余すところなく発揮されていて、
ちょっと背筋が寒くなるような感覚を覚えました。






言わずもがな、

騎士のようなコスチュームプレイが最高に似合ってて、

ダンスを思わせるなめらかな格闘シーンに、

もう完全に別格の歌唱力。。


(他出演者ペンのみなさん、ミアネヨ。。
こんなブログにいらしてないと思いますが(^^;))



これが。。

ヒーローチャンミン。。 ( ゚д゚)
びょるチャンミン!


もう文句なしの王子様です。










個人的にはかなりツボに入りまして、
エンドロールを食い入るようにみていたんですが、

ヤパーリ。 



ユ・ヨンジンさん作詞作曲
でした。

本日の本題。







すでに、多くのトンペンさんが、
トンにはなくてはならないユ・ヨンジンさんについて
語られていますよね。


「アジアならではのR&Bを生んだ天才」


と表現されていた方いらっしゃいましたが、

ほんまそれ。←




トンペンさんにはヨンジンペン多いと思いますが、
私も御多分に洩れず。

彼がトンに提供してきた曲の数々にめまいがしますよ。。



・TRI-ANGLE
・Rising Sun
・Tonight
・악녀 (Are You A Good Girl?)
・Hey! (Don't Bring Me Down)
・Purple Line
・Mirotic*アレンジのみ


150809_bug.jpg

・Why - Keep your head down
・Maximum
・오정반합 이것만은 알고 가 (Before U Go)
・B.U.T(BE-AU-TY)
・Catch Me
・Something
・수리 수리 (Spellbound)


*Whyのように、弟さんであるユ・ハンジンさんとの共作もあります。
 作詞もしくは、作曲に関わられているリストです。



ひええええ・・・・・

ベスト盤ですか?!

全部大好きですし。。((;゚Д゚))

BUGとか神っ!←ご贔屓❤︎





彼らの音楽的なターニングポイントは、
全てヨンジン氏とともに作り上げられているんですね。。






こちらのサイト、参考にさせていただきました。
유영진 Yoo Young Jin ユ・ヨンジン(主要提供楽曲リスト) ←

SMの他のアーティストさん含めて、

名曲多すぎて震えます。。((;゚Д゚))
黄金期の小室さんよりゴイスー。。

”What is love"とか”The Boys"とかー!!






もうとにかく、
SMの重鎮中の重鎮です。

(実際大株主&取締役)






ヨンジン氏をあまりよく知らない。。という方のために。

簡単にご紹介しますと、
プロダンサーとして活躍後、兵役を経たのち、
歌手としてSMに所属し、数枚アルバムも出しています。



 

私の大好きな映画「I AM」の主題歌「Dear My Family」も
ヨンジン氏オリジナルアルバムで発表された曲だそうな。。
(このTVXQ.ver、ウルウルきちゃいますよ。。最高か!)





で、そんな歌手時代を経まして。(脱線失礼)

チョアチョア★KANGTA先輩が所属していた伝説のアイドルグループ「H.O.T.」の
アルバムプロデュースを経て、本格的にプロデュース業に移行。

このH.O.T.への楽曲提供のなかで、ダンサーとしての経験を生かして、
音楽と強い社会批判を含む歌詞に派手なダンス・パフォーマンスを融合させた
新しい音楽ジャンル「SMミュージック・パフォーマンス」(SMP) を誕生させた
そうです。

wikipedia 参考にいたしますた←)





SMファミリーのSignatureになっている、
「HOPE」もヨンジン氏がH.O.T氏に提供した曲だそう。

今や、SM TOWNのラストになくてはならない曲ですよね。




(∵)チャンミナアアアア!!




当時、IMF通貨危機の影響で、経済が混乱し暗雲がたちこめた韓国の世相に、
”希望の光をなげかける”曲として発表したと。


日本で言うところの、「世界に一つだけの花」的な国民ソングなのかな?






音楽で、伝えたい事がある。

音楽には、世の中を変える力がある。

それをまさに体現しているクリエイターさん。

なんですね。








しかし、

SMはアーティストの層も厚いけど、

クリエイターの層も厚い。
ほう。。



しかも、もともとダンサーだったり歌手だったりする方が、
クリエイターにキャリアチェンジして、
アーティストをプロデュースする側に回れてしまう。

すごく独特な自由の仕組みですよね。。

自身もアイドル出身のイ・スマン先生ならではなのか。。
(ジェウォンさんもダンサー出身ですし。)



*日本の音楽業界、特にJ-POP方面は、
 作る人と歌う人が住み分かれている専業制が
 多い気がいたします。

 あ、SAMさんがいたな。 ←忘れてた









・・・( ゚д゚ ) いや、本当にすごい。 



すごすぎて言葉にならないな。。









で。

脱線した。←何回目











話を戻しまして。



この"School Oz"では、
出演しているEXOや、SHINeeや、エプやソシの代表曲は歌われるんですが、

なぜか東方神起の曲だけ、歌われないんです。。



なんとなくですが、

あえて、
トンを封印したチャンミンの新しい魅力を開花させるために、

ヨンジン氏によるオリジナル曲で



150809_codoc.jpg

「まったく新しいチャンミン像」

が提案されたような気がします。








あまり表に出ることの少ないヨンジンさんですが、

1度だけ(?)がっつりインタビューに答えておられて、
興味深い話をされています。

ぜひ、リンク先にてご堪能ください。
(情報お借りしました!)



ユ・ヨンジン氏インタビュー① (2010年)←こちら

ユ・ヨンジン氏インタビュー② (2010年)←こちら



すごく興味深い点をざっくりと。




・ミュージカルのように目と耳全てを充足させる音楽をしたい

 常に、完璧なパフォーマンスのための音作りを目指す

・(個人が)音楽をプロデュースできるカラオケビジネスを重視
 これ、面白いビジネス視点ですねえ。。言われてみるとそうですね。
 everysingとか、ヨンジンさん関わっているのかしら?


Janet Jacksonの「Rhythm Nation」に感銘を受ける
 うおおおお!禿げしく同意。。
 子供ながらに、JALのCMが流れるたびにTVに張り付いていましたよ。。

 

・東洋的なR&Bという視点。
 彼の曲は、海外でR&Bジャンルとしては受け入れられず、
 東洋的な要素の入った新しいジャンルとして受け止められたと。

 


そして、東方神起について触れている箇所も。


・東方神起は
 すべてのことが完ぺきにかみ合わさったチーム


その能力が計り知れない東方神起を通じて、
ヨンジン氏は、「Rising Sun」というパフォーマンスの完成形を1つ作り上げたと。

で、その上で、”こんなものもできるのだろうか?”と与えられた曲が、

アンコンで見事復活を遂げた「Tonight」だったそうです。





当時のPVを見るだに、こんな難しいJazzyな曲を、
よくこんな若いチームに与えたなあ。。というのが私の第一印象でした。
そういう事情があったんですね。。




(以下、さまぴよ流に要約しています。)



Tonightは)とても広い音域を使う曲だった。
だが、彼ら(子供たち)は、本当にやってのけたよ。 (笑)
それで、私も調子にのって即興的にアドリブを作ってさせたが、すべてやってのけた。

それで、彼らは私がしてみたい事があればすべて実現してくれるだろうから(笑)
メンバー 一人一人の能力を極大化させることができる曲を構想した。






ヨンジン氏にとって、自分のやってみたい音楽的な挑戦を
全て実現してしまう実力をもったグループ、

それが、永遠の彼のミューズとしての”東方神起”なんですね。

クリエイターとアーティストの幸せな関係。





150809_chantonight.jpg

アンコンのメドレーで見事に復活した”Tonight"

チャンミンのアドリブパートの素晴らしさは、
いつもユノがまぢで聴き惚れているほどでしたよね。。


このJazzyな名曲は、
今の彼らの年齢と、空気感に見事にはまっているように思います。







そういう、

チャンミンの隠されたポテンシャルを知り尽くしたヨンジン氏が、


確実に、彼の活動のターニングポイントであろう

この”School Oz"で楽曲を提供してくれた事の大きさを、


改めて感じたりしました。











おそらく、”School Oz"の撮影期間は(私の憶測ですが)

2014年 TREE LIVEを終えて、
ユノがムソクの撮影中だった7−9月の頃ではないかと。


ちょうど、安定の行方不明だった頃ですよね。





150809_chahot.jpg

7月当時に野球場で目撃されたシムさん。

髪型と、ホットパンツが証拠?!
(女装のシーンでガッツリ目のホットパンツ着用ww)







この時期に、チャンミンは”School Oz"の撮影を通じて、

ユノが入隊後の自分のアーティストとしてのキャリアを、
とても深く考えていたのではないかなと。。





あくまで、

東方神起を優先した活動をするのか。

ソロとしての自分の活動に数年挑戦してみるのか。








SMが当初描いていた戦略は後者のような気がしています。

そして、すでに前者が答えであるという事実があって、

その裏側にあった彼をとりまく葛藤は想像するしかできないけれど

(何が真実かは知る由もなく。)





でもきっとそれが、

12月の「T1STORY」でチャンミンの卍解として

結実していったように思います。












で、一方ユノは。

入隊後の自分のアーティストとしてのキャリア、
そして、東方神起の未来を考え始めたのは、

もう少し手前な気がしています。




そのきっかけになったのは、

ヨンジン氏が、
他のアーティストのために準備していた「Something」を、
東方神起の曲にとお願いしたあたり。

おそらく、2013年の秋頃。ではないかと。



個人的に感じています。







続きは次回!
(まだつづくんかーい!)



もう、完全に趣味の世界に突入しています。。
ミアネヨ。。








■いつもぽち★ありがとうございます。
いつも長くてミアネよーう (´Д`) ←でも短くできない。。



b_02.gif

| トン語り | 23:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

You go your way. v2 - びょる・チャンミンが導くSMの挑戦@School OZ


♪Hot Summer Hot Hot Summer♪







。。orz





フウフウ。。











150807_hot.jpg

ふぬーっ。。。てか、暑いんだっつーの!!

まじめな話。熱中症には本当に気をつけましょう。
脳みそがね。ケラン●ム状態になることを熱中症というそうですよ。
怖っ!!




ソウルも高温注意報出てるそうなので、
お二人もくれぐれも体調には気をつけてほしいですね。。









ちゃっ。








変顔しても最高に愛らしいウリユノヒョンを軽く放置して、
本日再び、ウリ・びょる・チャンミン語り続きます。



本日、「School Oz」篇。です。
遅!











遡ること、6月12日。

あの激動の日々からもう2ヶ月、まだ2ヶ月。。

MERS騒ぎの中、覚悟を決めて渡韓したあの日。





アンコンの前日に、トンペン姐さんたちとCOEXを訪れました。



150801_cha0z04.jpg

SMTOWN!! なかなか手の込んだ夢の王国です。

柱のSMのシンボルのところは鏡面仕上げ。
中央のエスカレーターであがっていくと、ショップやカフェ、
上のフロアにはフォトスタジオや劇場等作りになっています。

イメージ的には、六本木ヒルズというよりは、
汐留シオサイトか。(四季あるしね)








グッズショップは、
すでに前乗りしているトンペン・シロアリ軍団に食い尽くされ←
ほぼ殲滅状態。。orz






150801_cha0z02.jpg

カフェで幸運にも、座ってお茶できました。
サイン席はガッツリ占拠されていたのであきらめ。。

このトンカップケーキは、私好みのバタークリームで超美味しかった♪
帽子部分はマヂパンで、マヂでまずいです。でも食べたけど。。

(今はもう、#CATCH ME(チェリーソーダ味)じゃなくて#SOMETHINGでしたっけ?)






そのあと色々偵察しながらキャッキャ♪してましたら、

まさかの開演時間ギリギリに猛ダッシュする羽目になり、

この年齢には生死に関わる体力使い果たしました。
(しかもマスクだし。。)




時間の読みの甘かった私をお許しください。。→姐さんたち







150801_cha0z03.jpg

劇場フロアに上がるとトンがお出迎え♪
多分アンコン時期だからでしょうかね。COEX自体がトン一色ですた。








そして、いよいよ。



いよいよ!





「School Oz」を見ることができました。





正直なところ、ここ半年はユノペンにとって激動の日々だったので、
このミュージカルに関してはほぼノーチェック状態。
(OSCARチャンミンの等身大フィギュアネタくらいしか。。←(∵)絡み)





先入観のなさもあってか、

あまりにもチャンミンが素晴らしくて

本当に衝撃でした。




(*´ω`) うんうん。








--------

うーんと、すいません。。
実は、ここからのくだり、鍵付きにしようかと悩んだ理由です。。
(シムペンさん、ミアネよ。。)←びびり




個人的に実は、チャンミン主演と聞いた時に。
ちょっと想像がつかなかったんですよね。。

もしかしたら、単純にホミンペンだからかもしれないし、

ユノと違ってミュージカル主演経験がないから、

そんな理由だったかもしれないんですけど。




正直彼が主役として、
これまた十分主役を張れるきら星のような後輩くんたちを従えて
どんな姿を見せるんだろう??

と、どうにもイメージがつかなくて。。









それを本当に、さっくりと。

裏切られたわけです。



見事な主演、見事な看板ぶりでした。

こんなにオーラーがある人だったとは。。

心のそこから、見直しました。

そして、シムペン度がだいぶあがりました。←まぢ






・・・で、このステージの内容については、
きっとたくさんのシムペンさんブログで語り尽くされているでしょうし、
ちょっと違う視点で気になったことをまとめてみます。



★色々調べてはいるんですが、間違っている情報があるかも。
 よければお気軽にご指摘ください。(他力本願)













ちょしませよ!オタゾーン開始!(´∀`○)♪















そもそも、この「COEX ARTIUM」←そこ?!



当初

「SMTOWN LAND」

という名称で、SMの新規ビジネスである複合商業施設の旗艦店として
華々しく登場したわけですが。

(いや、多分浸透してないだけで今もこの名前?ww)





コネタ:
「SMエンターテインメント」のSMは、
イ・スマン先生からきているという噂がありましたが、
真実は「STAR MUSEUM(スター博物館)」なんだそうです!

つまり、COEXは、
「スター博物館町国」
つーことなんですね。












ちゃっ。(たいしておもしろくなくてスマソ)




この、COEX 関する公式な情報は、遡ること2013年9月に流れています。

*トンペンが日産で燃え尽き、ユノがガーナ行ってた頃ですかい。



★記事こちらから(韓国語です)←


以下、要約&抜粋。



実は、SMT LANDは、SMが新規に建造した建物ではなく、
もともと存在した複合文化施設「COEX ARTIUM」の中にあった、
ミュージカル「NANTA」の劇場跡地なんですね。

知らんかった。。


*「NANTA(乱打)」は、言葉を必要としないノンバーバルミュージカルで、
 いわば韓国版「Blue Man」といった作品。
 Broadway進出も果たしていて、一時期かなり話題になりましたね。。






で、その跡地のこの劇場収容ビルを、
なんと「5年間のリース契約」でSMが入手。

契約は2013年11月から発効しているので、

現時点では2018年11月までではないかと。






・・・まあ、もろに。期間的に。

主力選手である
「東方神起」と「SUPER JUNIOR」の兵役期間に、

新しい収益を生み出す事業として
予め周到に計画されたものなんだろうなあ


と思うのが自然ですよね。。

(そもそもエンタメビジネスはリスクが大きいので、
 多角化経営してヘッジするのは定石ですが。
 タイミングがバッチリすぐる。。)






このCOEX自体、外国人観光客の訪れる「韓流タウン」として位置づけられており、
海外に知名度の高いアーティストを要するSMの参入は、
運営側にとっては、まさに渡りに船だったんでしょうね。


エンタメ産業は外貨獲得の国策として推進されているわけで、
こういうお国の事情のにおうところにするり潜り込むのが、
エッセムさん、本当にお上手よね。。←ほめてます









こうして始まった大規模な劇場改修工事の末、
オープンを控えた昨年末に改めて下記のリリースが出ています。





*ちょうど我らが、ユノシェプ@ビギイベに悶絶している頃ですね。。(遠い目)



★SMエンターテイメントがSMTOWN LANDを開館(2014年11月)←


興味深いのは、この部分↓

約800席規模のCOEX Artiumは中国韓流観光客を狙い3Dホログラム公演を披露する予定だ。COEXモールは20〜30代に人気が高く、SMのブランドを国内外に知らせるのに重要な役割をすると期待される。来年4月にはCOEX一帯で、韓流と韓国のビジネスを結合した「C-フェスティバル」が開かれる予定であり、SMはCOEX Artiumを韓流の中心場所として活用しようと考えている。またSMは「C-フェスティバル」の組織委員会に参加、広報大使は男性アイドルグループのEXOが務める。フェスティバル期間中、外国人観光客も含め約300万人の観覧客が来場すると予想している




この施設は、
日本に次ぐ、中国市場を開拓するための戦略施設だったみたいですね。

*皮肉にも、広報大使のEXO、そのEXO-Mのメインだったルハンの脱退もこの頃。。
 アーティストマネジメントが、会社全体の戦略に影響を及ぼすこわさよ。。(ToT)











で、シム様に戻りますぜ。









そんな、不安要素の多いSMのここ数年のビジネスの核を、
可及的速やかに立ち上げなければならないという大命題の中で。




絶対に成功させなければならないプレッシャーの中で。





満を持して、




この劇場のこけら落とし(初演作品)として登場するのが





150807_coex-theatre.jpg


3Dホログラムミュージカル「School Oz」

だったわけです。


言葉に頼らない体感型に重きを置いた演出は、
ノンバーバールミュージカルと近いかもしれませんね。
(幅広い年齢+外国人でも楽しみやすいという)










Ozの構想が始まったのはいつ頃だったんだろう?




おそらく、
劇場のリース契約がまとまったのが2013年の夏だったとするならば、
その春には、「そこでどういうコンテンツビジネスを展開するか」の
たたき台が作成されていたんだろうと思います。






折しも、


まださまぴよがトンを知らないこの頃、

「TIME Tour」で再始動後の二人の活動が安定し、
「日産」という偉業を成し遂げた時。



チャンミンが、
「芸・体・能」で不思議な魅力を発揮して、
新しいファンをたくさんとりこみはじめた時。



同時に、「CATCH ME World Tour」で、
改めて世界的なTVXQの知名度が証明された時。



でもありました。








この2013年の

トンの外貨収入に関する爆発的な貢献度の高さ
は、

以前こちらで書き散らしました←







改めて証明されたその抜群の安定感と世界的な人気に、

東方神起をメインに据える戦略は有無を言わさず決まったのかなと。



そして、


兵役が間近に迫るユノではなく、

頭角をあらわしていたチャンミンに

主演の白羽の矢が立ったような気がします。











もう一方で。

大黒柱の兵役という来るべき出来事に備えて、
SMのアーティスト戦略も転換期を迎えていたはずで。



先日正式に発表になった
大好きなアーティストに出会える「SM劇場(ライブハウス)」構想。

この着想は、絶対に!AKB48劇場からきていることは、
ほぼ疑いの余地がないと思います。

しかも、そのこけら落としがLOOKIESだと知った時に

「おお!そうきたか!ヤパーリ!」

と思いますた。









抜群のアーティストプロデュース力で、
カリスマティックな作品を得意とするSMが、

ユーザーとの距離感を縮めて、
共創(共に創る)型のアーティストプロジェクト
を始める。






これは、東方神起というカリスマ的屋台骨の不在を埋めるために、

それに代わり且つ相当するアーティストを育てるよりも、



まだ未完成で荒削りだけど、自分だけのお気に入りが見つかる。。

そんな新人アーティストに早い段階から特定ペンがついて、

さらにそれを囲い込めるビジネスモデルを創ることを

試してみたんではないかなあと。






圧倒的な大ヒットとなるマス(大衆型)コンテンツ


と、

どこかの誰かのお気に入りとして成立する小さなコンテンツ群。



が両極で存在する現代ならでわのニーズを押さえにかかったんでしょうかね。



★ITでいう「ロングテール」の概念に近いかなと。
 Amazonの製品売り上げをグラフにすると、
 最初のTopランキング商品でほとんどを占めるんですが、
 そのあとのに何千何万の商品のちょこちょこした売り上げが続くんです。
 結果的に、その”アイテム数の多さ”が売り上げを支えると。
 その様が、「長い尻尾」に見えることから使われている言葉です。




 アーティストマネジメントでこれをできるのは
 すでに「トップアーティスト」を多数抱えるSMならではかもしれません。











で。









150807_ozall.jpg

その主演にチャンミンを据えたのは大正解でした。

来るべき「共創」モデルの先鞭を切る作品として、

位置づけられた「Oz」は、

”東方神起”ではなく、ピンとしての”チャンミン”をフィーチャーしたものになっていて。





そのチャンミンを頂点として共鳴するフォーメーション。





以前、

これまたチャンミンを「ブランド増幅装置」と表現させていただいたのですが





圧倒的な歌とダンスの実力で、←まぢでおったまげた(失礼)

その眩しい光で、

周りの共演者を照らし、
その魅力を再発見させてしまう。

そして、自分は端に引っ込んでいくという。←愛されキャラ・・❤︎


共感力と、共鳴力。





私には、

”チャンミンを頂点にしたSMの共鳴型フォーメーション”

これこそが、ユノのいない間に
SMが描こうとしていたものような気がしていたりするわけです。。







そのプロデュースサイドの話なぞ、
次に続きます。。

いろいろご意見ある部分かと思うのですが。。
(弱気)














ああああああああああ


長くなりました。。



これ、トンMKに入れたほうがいいのかしら。。
もしかしたらあとでカテゴリ変えるかもしれません。。






■いつもぽち★ありがとうございます。
いつも長すぎてミアネヨー...orz



b_02.gif

| トン語り | 02:18 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

You go your way. v1 - びょる・チャンミンと仲間達@SMT大阪

いやー。。夏ですね。。


ユノロスが激しくて、かなり情緒不安定です。
自衛隊にはまだ電話かけてませんけどね。



そんな私の心の支えは、
もう一人の東方神起であるチャンミンが、
SMTにドラマに、精一杯頑張ってくれていることです。。


暑いけど、元気かな。。





トトロ冠チャミ様。
日傘は大事です。お気をつけて。












正直なところ、「二人同時に入ってほしい」
という気持ちが強かった時期もあって。

東方神起の活動休止期間が少しでも短くなれば。。というよりは、
二人が一緒にいれば、どこに行っても大丈夫だろうという
安心感を得たかったという感じですかね。。





そして、
事実としての今があって。

たとえ4ヶ月とはいえ、



150801_ch.jpg

初めて一人で「東方神起」を背負って立っているチャンミン。
このお写真、チャンミンらしくて大好きです(*´ω`*)




ユノの入隊にいろいろとフォーカスされがちな中で
(チャンミンですら、自分のことよりユノを優先してくれていたから。。)
彼自身も紡いでたストーリーがいろいろ気になっていて、
そして、自分の脳内で考えていたことがいろいろストンと腑に落ちることがいろいろあって、
ちょこっとまとめてみることにしました。←長いです。たぶん。



これはあくまで、
この8月にトンペン2年目を迎える(自分で書いてて驚く浅さww)
新米ペンによる、

たんなるひとりごとです。

間違った解釈もあるかもしれないけど、ご容赦ください。




SMT in Osakaでのチャンミン
School of OZでのチャンミン
主に TREE以降のチャンミン

と、ちょっと時間を遡る感じで書いていきます。

当初、全部鍵付きでと思ったんですけど、
誰かに怒られるまで鍵なしでいこうかと思いなおしました(爆)
うふ。











ちゃっ。。





今回、チャンミンが一人で挑んだ、SMT in Tokyoについては、
これでもかというくらい先日書きました。

個人的に、
感情を爆発させているチャンミンの姿に衝撃を覚えるとともに
深く感動をしたのですが、

私の周囲のトンペンさんの中でも、感じ方が様々で結構驚きました。
(そこまで寂しそうに見えなかった、という声も多数)


うーん、私のユノロスでフィルタかかっちゃったかしら。。と思ってたんですけど、
この記事には未だに拍手をいただくことがあって(ありがとうございます)
同じように感じた方も確かにいらしたんだなあと。








そして、ユノがいよいよ入隊した後に迎えたSMT in Osaka。

私は、いいご縁を得て(Y姐さんいつもありがとうです。。)
2日間ともLive Viewingで参戦してきました。



初日の25日は、緩めユノペンの母と参戦。
いつも、私がブチ切れるほどのKY発言をしでかす母が(^^;
チャンミンの姿を見て、言葉を失っていました。

そして、驚くほど素直に、
「これを見に来ることができてよかった。ありがとう。」
と言ってくれました。

私と母は、2年前の夏に、
同じように、日産のライビュでトン落ちしているので、
今回もその同じ劇場で、この映像を見ることができたのがとても意味深いんです。

そんな母の言葉に、
この記事を書いてみようかと背中を押してもらいました。












25日、26日の件は、もう多くのブロガーさんが
詳しい記事をあげてくださっているので、印象的な部分だけ。



東京公演の後、だいぶチャミショックをひきずってしまったので、
今回もちょっと覚悟しながら、

さらに荒ぶるペンラの数で参戦しました。←注:ライビュ


ちなみに、二人が自分たちの予算でペンのために用意してくれたという
アンコンの時計型LED。大活躍でした。


*画像、お借りしました。

150801_light.jpg

背面のボタンを押すことで色が変わります。
全グループの応援できたさ!これ1つで!
BOAも!SJも!シャイにも!EXOも!エプも!ソシも!
*ただし、めっちゃ切り替え操作が忙しいです。。orz





結構周囲の人たちから、「その手があったか。。」と言われました(^^;
ほほほ。








来日の様子を見てて、だいぶ元気な顔を見せていたチャンミン。
さすがに入隊後に、だいぶ心も落ち着いたかな。。
なんて思ってたんですけどね。







150801_csmt.jpg

全身で、力一杯のT。

東方神起という大看板を背負っている姿が、

やっぱり泣けてしまって。。












150801_smttoho.jpg

楽屋に準備された「東方神起様」のお部屋。
関係者の方のインスタより。


SJとか、グループがわちゃわちゃやっている楽屋の中で、
このお部屋に一人通されたチャンミンの気持ちを思うとちょっとグッときました。
誇らしいけど、寂しかったよね。。







今回のSMTでは、
ほんとうにたくさんのSMファミリーがチャンミンを支えてくれましたね。

いつものギュライン♪ 仲良しライン♪とは少し趣が違って。


ユノという大黒柱の不在を、

チャンミンが受け止めるとともに、

ファミリー全体も受け止めているように見えました。





そして、その受け止め方にも、

それぞれのアーティストとしての心意気が見えて、
個人的にはとても興味深かったです。

(私一個人の意見ですけどもね。)







【鉄板ギュライン ー 安定のぎゅと心配なミノ屋】



超安定の大親友、SJのキュヒョンさん。





まあ、だいたいギュと遊んでみたいですが(^^;


ぎゅったんは、今回私の中で株ストップ高です。

親友として、チャンミンを支えてくれた姿に、
何度も感謝したと共に、
ぎゅったん自体の人となりにも触れた感じで、すごく好きになりました。






素敵なまとめ、お借りしました。

本当に彼の存在が心強かったです。



寿司に連れて行ってくれたり。
卵とイクラをトレードしてくれたり。

すさまじいまでの安定のパトロン感。

このお二人は、88年2月生まれの同い年なんですけどね(^^;
本当に仲良しなんだろうなあ。





チームは違えど、歌にかける思いは似ているものもあって。



エルプの方が、

「キュヒョンの本領発揮の機会を与えてくれてありがとう」

とつぶやかれていました。



仲良しとして、わちゃわちゃするのはもちろんなんだけど、

アーティストとしてチャンミンとしかも東方神起の曲で共演する機会に、
ギュも、力が入っていたんじゃないかなと思います。

そんな、彼の誠実さが声に出て、素晴らしい歌声でした。





今回の「Bolero」の成功は、ギュのおかげとも言えるかも。

素敵なコラボ、こちらこそほんとうにありがとうごじゃいます。







そして・・・。

大阪公演では予想もしないハプニングがたくさんあって。




なんといっても、

チーム全体でチャンミンを支えてくれた、


輝く子達の怪我の多さよ。。(´Д`q


シャオルさん達、辛かっただろうね。。
ユノの怪我の時も、私も禿げそうになりましたからね。。







まずは、登場1曲目であるいちごのミノの不在。



しかし、ミノくん心配ですよね。

そして、こういう時にきちんとそのことを日本語で伝えるチャンミン。

エイネにユノが来れなかった時に、
メンバー中ただ一人だけ、ユノの欠席に触れてくれた彼の言葉を思い出しました。。





そんな中。


ギュ 「スポーツの時は足に気をつけて。みなさんの足は俺のものだから」

ちゃ 「いや、俺のものだ」

ギュ 「いや、俺のものだ」

ちゃ 「俺らのものだから」 
←この日本語能力に爆萌❤︎


考えてみたら、「僕ら」「俺ら」「僕たち」。
彼のデフォルトはいつも「二人」を指すことばだったからね(^^

そんなところにユノの気配を感じて涙。 ←病気












150801_gyul.jpg

安定のギュライン。心強いシム親衛隊です❤︎
いつもけむたく思っててごめんね❤︎ 嫉妬なの。










【ユノライン ー 手負いのテミナ・・】



そして、ギュラインとは異なるけれど、
ユノラインとして、チャミを支えてくれたテミナ。



150801_temy.jpg

パフォーマーとして、ユノと同じ魂を持つテミン。
手の位置ビミョーという話は置いておいて。WKは急所ですのよ。

ユノって無意識にとんでもないトコ掴みそうですよね ←天然という名の凶器



チャンミンの優しい気遣い。
ものっそわかりにくい、さりげなさが彼らしい。。






実は。

私、個人的に、今回テミンが”Mirotic"を踊ってくれたのを知った時(@東京)に、
ちょっと複雑だったんです。。

ユノパートが多いのはもちろん、その踊り方があまりにもユノに似てて。。
見たくないと思ったんです。←ごめんね。本音。








でも、今回改めて大阪のライビュ見て、
彼のユノのパフォーマンスへの敬愛をすごく感じて。

そして、全身全霊で自分のソロを頑張る姿を見て、

ああ、ユノが不在の間、SMP引っ張るのはテミンなのかなーって。

見直しました。その決意と心意気に。







結果的に。

”Danger"の階段でのジャンプかな?

足を怪我してしまったテミナの影響で、

26日のパフォーマンスに大幅に変更が入って。




トロッコで登場した時も、

足でリズムもとれない彼の姿に、

「今日のMiroticはどうなるんだろう?」

と心配しちゃって。。(ごめんね。トン目線で。。)



それでも。






その可愛らしいお顔に隠されてる、

ステージへの思いはユノと同じくらい熱くて強くて。






150801_yt.jpeg

ものすごく強い目で、パフォに参加してくれてました。


いつも舞台のセンターにいるテミンが、
端っこの方でそっと歌ってる姿は、本当にはかなげで切なかったし、
誰よりも本人が辛かったんだろうと思う。


それでも、自分達の曲(エビバディは無くなったんですよね)よりも、
チャンミンの”Mirotic"には穴をあけまいと頑張った彼に、
誰よりも、ユノの気配を感じて、泣けました。





そして、
ほんのりテミナペンになった自分がいます(^^;

可愛くて気の強い子大好きなんですww 

カムバもあるし、早く元気になりますように。。(-人-)











そして、そんなミノとテミナを支えてあまりある、

あまりにも、素晴らしい活躍を見せてくれたMVP 。


【OZ line ー 万能なキーちゃん】





150801_yk.jpg

キーちゃんて、実はユノペンさんなんですよね。

これは、髪型からして”Lucifer"の頃かな?
ユノが「どんどん後輩が力をつけてきて・・」て言ってた頃ですよね。

嬉しそうなキーちゃんの笑顔が、まだあどけないなあ。。
髪型怖いけど。






”ピョルパラギ”でトンペンだということはカミングアウトしていたけど、

今回急遽ミノの代役で踊ってくれた”Mirotic”。

ほとんど練習時間もなかっただろうに、
二日目にはまさかのテミンの分の穴も埋める、
素晴らしい活躍を見せてくれました。。

大好きな東方神起の曲への思いをひしひしと感じました。



キーちゃんを見直したのは、何と言っても、

「School Oz」

その名バイプレイヤーぶりに感動し、
そして、彼の聡明さにびっくりしたんです。


今回のSTLでも、チャンミンに次ぐ、
キーちゃんの日本語の歌詞のうまさにうなりました。

この子がしゃいにの「鍵」と呼ばれる理由がよく分かりますた。





そして、ほんのりキペンに。。(^^;

て、もはやシャオルだっつーね。








【OZ line ー EXOチーム(雑)】


そして、EXOのOZ line。

東京から一人まとう空気が違うので、HOPEで一人になりがちなチャンミンに
ずーっとついてててくれて、本当に心強かった。。



「トンペンの最終形態」最強シウちゃん。
(白いお帽子です)

トンペンの夢のポジションを手に入れた、シンデレラボーイです。

子犬のようにチャンミニヒョンについてくれていて、本当になぐさまりました。






ちなみに、「サバ」の原曲、ノラゾ兄さん10周年記念で来日しますよ。←コネタ






そして、裕次郎スホは華麗にスルーして。
(ミアネヨ)






やっぱりこれは書いておこう。
まさかのダークホース、ベク。



・・・・・・はー。(○´w`○)・・・。
やっぱり、ヒョンがいないと口さみしいんですかね。。←



このチューは、確かに衝撃でしたよ。。

チャンミニヒョンが入ってくるところをキレイキレイしている
べくのあざと可愛さも相当ですが、←大好きですよ!べっきょん!

ちゅーした後に照れ笑いして背中を向けてしまうシムのガチ★照れ感に、
劇場もため息モノでした。。



なんなんだこのやりとりわっ。。


しかし、ほんと、ユノと一緒のステージでは絶対これしないのにねえ。。
(ユノはユノで、後輩くんにこういうこと絶対しないですよね)

永遠のグレーゾーン、万歳。








そして、何気に影のMVPは、チェンかなあと。。

東京以来、"Bolero"のクオリティがメキメキあがってて。。
大阪に響き渡る歌声は本当に見事でした。
(元々、チェンの歌声大好きなんですけども。)

チェンも、元カシちゃんですよね。









さて。←すでに長い (゚ー゚;A







【チャンミン。】


そんなファミリーたちに支えられた、

我らがチャンミン。ウリチャンミン。

彼自身が「20代最後のドームでのステージ」といったこの大阪も。

もう美しさもパフォも神がかってましたね。。




見とれるほど美しかった、"Rusty Nail"
同じ人間とは思えない美しさ。。





そして






同じ人間とは思えない足の長さ。
ウエ?!(゚д゚)






今回のSMTで歌う曲て、いつ頃決めたんでしょうね?

個人的に、夏の会報を読んでて思ったんですが、
アニイベで、「Rusty Nailをもう一度みたい!」という声が高かったことで、
この曲に決めたんじゃないかなって。思いました。

なんといってもペン思いのシムさんですからね(^^









そして、今回の大阪のハイライト。


(*´・J・`)「・・・終わったから。。」

と、いそいそとボタンを閉める。。







ふう・・・・(思い出し遠い目)

意図せず、ぶっこまれましたよね。。

劇場、 ( ꒪⌓꒪) ・・・・白眼。でした。



ゲロかわ❤︎

このシーンで、
この世界に212本は新たなホミン小説が生まれたことでしょう。。






そして、さらに。。




(*´・J・`)「・・・ねえ、待ってたあ?僕のこと。。」


改めて。( ꒪⌓꒪) ・・・・白眼。




・・・なんていうか。。

・・・・その。。






今回のひとり参戦のチャンミンさんは、素の感じていうか、
タメ語が多かったんですよね。

それが、トンのライブではあまりないことなので、
個人的にはめちゃめちゃ新鮮で、



距離感おかしくなりそうでした。
こういう人、多かったと思うのヨー!!



彼氏感ぱねえ。 ←盛大な勘違い






ユノとは又違った意味で、
この子もいろいろだだ漏れな子なんだなと。。



そして、常日頃から、愛らしい子だなあと思ってたんですけど。。

この大阪チャンミンは

愛さずにはいられないビーム 出力限界大放出! 
ものっそ、やられました。。❤︎



今更かよ!のシムペンさんの苦情は受け付けます。









「黄金を抱いて飛べ」のロケ地でもある大阪。
チャンミンの大好きな食べ物がたくさんある大阪。

その思い出の場所で、
彼の20代最後のステージを締めくくることができたことは、
意味深いことなんだろうな。




彼の思いのたけを込めた、渾身のBolero。

キュヒョンとハモるところの柔らかい表情が、
全身で歌うことを楽しんでいるようで胸に迫ります。


実際、京セラに行かれた方が

「Boleroが文句なしに圧巻だった」


と話されてたと伝え聞き、
トンペンとして誇らしかった。




劇場でも、
京セラの丸い特徴的なドーム天井が映る場面では、
空間の抜け感、臨場感が半端なくて。

よく音の通る大聖堂に
3人の澄んだ声が響き渡るような
錯覚を覚えました。

(そういえば、PVも教会でしたよね。)




いつか戻ってきてくれた時に聞き比べるために。
貼っておきますね。

それまで、消されませんように。。(-人-)








そして、今思えば。

25日が最後になってしまった”Hope”。
二日目は、ドラマの撮影で帰ってしまったんですよね。。





【HOPE - チャンミナアアアア!!】



SMTのプロモーションの一環で、
この日は、ファンが撮影した画像をネットでツイートするキャンペーンがあり。
ライビュ劇場でも盛大に皆撮影を敢行。





荒ぶってスマホ数百枚連射したものの、
ピントが唯一あってたこの数枚のチャンミン。。orz

でも、自分の手で残すことができてよかったです(^^


150801_ch01.jpg
150801_ch002.jpg
150801_ch03.jpg
150801_ch04.jpg




(∵)「チャンミナアアアアアーーーーー!!!」
ユノの代わりにまた叫んでやりましたよ。




降り注ぐ金テの中、歌うチャンミン。

ずっと覚えていたい光景です。









そして、密かに私の株が急上昇したもうひとりの方、馬様。
(さまぴよ市場は、SMTで乱高下だったわけですわい)


これは嬉しかったなあ。

すぐ、後ろにひとりでひっこもうとするチャンミンをね、
馬様が「あなたはここだよ!」てセンターに繋ぎ止めてくれたんです。
こういうさりげない気遣い、馬様は上手ですよね。
顔濃いけど(?)、いい奴なんだろうなあ。。



最後、ヒョンのようにしっかりと場を締めてくれたチャンミン。




25日のこれがあったからこそなお、
26日のエンディング、締める人の不在感は半端なかったですね。。
カンタさんが頑張ってくれたけど。










150801_ycsmt.jpg

いつも日本語で締めくくってくれていた二人の不在。
当たり前のように感じてしまっていたこの最高のおもてなしの贅沢さが、
身にしみました。









誤解を恐れずにいうと、

「これからは、僕らの時代」という思いでステージに上がってた人もいたと思うし、

実際お二人が普通に揃っていればもっと出番は多かっただろうし、
その分、出番が増えたチームもいたはずで。



新しいSMファミリーのフォーメーションを模索している印象がありました。












あまりにも花々しいセレモニーを経て、静かに入隊したユノ。

たくさんの人に惜しまれて、愛されて、送られたユノを見ていて、

チャンミンの時はどんな感じかな。。なんて想像していました。





彼自身、愛される価値は計り知れないというのに、

時折、不器用に引っ込んでしまうところがあるように思うんですよね。

それが個人的にはちょっと心配だったんですけど。。






今回のSMTを通じて、



150801_chamy.jpg

しっかりと築かれたSMFの中のチャンミンサポート網

その存在を、強く感じて、杞憂だったなあーと思いました。

心配してミアネヨ!




ユノの最強の相棒であり、

そして彼自身も、

最強の”びょる(スター)・チャンミン”。









「School OZ」を見た時に、

チャンミンを頂点とする新しいSMファミリーの戦略を感じたんですけど、

彼は、今回それをしっかり完成させたんだなと。







もしかしたら、もう少し続くかもしれなかったその形は、

彼が「東方神起」を優先することで、

思ったより短い期間になってしまった気がするんですけど、

これから勝負を迎えるSMの戦略に大きな影響与えてるのではと。

多分、そこには、

想像するしかない、葛藤があったんじゃないかなと。





というわけで、「School OZ」への前振りでした。

次回に続く。。





てもう本当に、
単なるうざい個人の感想日記で、
すいませんすいません。。(人;´Д`)
今更SMTww







■いつもぽち★ありがとうございます。
2年間STAYするニダヨー(^ω^)



b_02.gif

| トン語り | 23:38 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「STAY!」 ・・・ワン。

ウエーーーーーイ!!!乁( ˙ω˙ )厂



ちょっと時間があいちゃいますた。。
やっとブログが書けます。。

(ブログの入力画面の操作を忘れている始末。。)




ほんとに暑いわ、仕事ハードだわで、
ゲル状になって生きていました。。orz

不思議なもので、ユノが入隊しちゃってから、
加速度的に仕事が忙しい&ヘビーになってきましたヨ。


そんな中、大好きなブログも書けないこのストレスったら。。





というわけで、ちょっと落ちつきましたので、
ネタを溜め込んでいるチャミ語りに参り・・・ます前に。






今週もいろいろいろいろありましので、取り急ぎこちら。




====================

150801_sha.jpg

東方神起 写真集
「STAY」 2015年9月25日 発売決定!


撮影は日本を代表する写真家、玉川竜氏。
楽園の地・ハワイの大自然をバックに2人の飾らない表情をたっぷりと掲載!
ユンホとチャンミンが過ごした束の間のひと時、
そして、日本デビュー10年目を迎えた東方神起の“今”が詰まった永久保存版です。

■写真集「STAY」
B4判ハードカバー/128ページ/4,860円(税込)
発売 ワニブックス
http://www.wani.co.jp/
(PC・スマートフォンのみ)

====================

ですってよ!!






STAY。。




・・・(゚д゚)





わんこ?







150801_stay.jpg

こりは、「STAY!」されるテプン。
お利口さんです。











そして、こりは、



150801_stay02.jpg

STAYさせすぎちゃってたテプンが恋しいユノヒョン。
このお顔みたことなかったら吹いたワヨー(゚∀゚)
MARSさんさすがっす。









・・・・ま、つまり。

「(よそ見せずに)待ってろや!」

て意味なのかしらと。





違います。
多分、「一緒にいますよ」の意味のはずです(^^:
















しかしだ。

150801_hw01.jpg

結局プラベでは行けてないポのワイハ。
会報ネタなのでちっちゃく



エイベの社員旅行のテイで行っておられましたが、
ビッツラするほどお写真が上がってこない理由がこれだったんですね。

どれだけ厳重な体制で撮影されたかと思うに。

震えます。











150801_sum.jpg

こんな静岡レベルのリゾート感ではないはず。
ちなみにこれ、2年前!あっという間!←なぐさまる









しかし、ワニブックスときましたか。。そうですか。。



ワニさんといえば、写真集企画で定評のある、
企画力ピカ一の中堅出版社さんですのよ。

女子のすんごい写真集はもちろんのこと、
Kポ系だとユナクさんのも出しているんですね。
(似たよなHIYAYAチャンミンはってみました)





きっと全力でユノを●がしにかかったのだろうと。。
その結果はいかに!
(もう終わってますからね。)












で、個人的には。


150801_super_hawaii.gif

SJがワイハで写真集を出しておられるんですが。
(多いなあ。。←人数)










150801_sh.jpg

これ二人でやってほしい。
それだけでいいや。

もう☆(*´・J・`)人(∵*)欠乏が激しいので、一つ宜しくです。。

(もう撮影終わってるけど)








まあ、でもなんでもいいんです(^^
お二人の素敵なお姿がみれるのにゃらば。








160801_yh01.jpg

もう少し緩めのカッコ希望。最高に気持ちよさそうなユノとか。
助手席ヨジャ抜き一丁。←ワサビかよ










150801_chs02.jpg

ほぼ乗れないであろうに最高にカッコよすのチャミとか。
持たされてる感がないところがさすがっす。







9月の夏の終わりのハーモニーとしては、
最高に楽しみです!





ちゃ。


次回から、しばらくチャミ語り始めます。ワン。
(すごい長くなりそうな予感)





■いつもぽち★ありがとうございます。
2年間STAYするニダヨー(^ω^)



b_02.gif

| トン語り | 14:07 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。