February Celebration!! TVXQ!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

You go your way. v1 - びょる・チャンミンと仲間達@SMT大阪

いやー。。夏ですね。。


ユノロスが激しくて、かなり情緒不安定です。
自衛隊にはまだ電話かけてませんけどね。



そんな私の心の支えは、
もう一人の東方神起であるチャンミンが、
SMTにドラマに、精一杯頑張ってくれていることです。。


暑いけど、元気かな。。





トトロ冠チャミ様。
日傘は大事です。お気をつけて。












正直なところ、「二人同時に入ってほしい」
という気持ちが強かった時期もあって。

東方神起の活動休止期間が少しでも短くなれば。。というよりは、
二人が一緒にいれば、どこに行っても大丈夫だろうという
安心感を得たかったという感じですかね。。





そして、
事実としての今があって。

たとえ4ヶ月とはいえ、



150801_ch.jpg

初めて一人で「東方神起」を背負って立っているチャンミン。
このお写真、チャンミンらしくて大好きです(*´ω`*)




ユノの入隊にいろいろとフォーカスされがちな中で
(チャンミンですら、自分のことよりユノを優先してくれていたから。。)
彼自身も紡いでたストーリーがいろいろ気になっていて、
そして、自分の脳内で考えていたことがいろいろストンと腑に落ちることがいろいろあって、
ちょこっとまとめてみることにしました。←長いです。たぶん。



これはあくまで、
この8月にトンペン2年目を迎える(自分で書いてて驚く浅さww)
新米ペンによる、

たんなるひとりごとです。

間違った解釈もあるかもしれないけど、ご容赦ください。




SMT in Osakaでのチャンミン
School of OZでのチャンミン
主に TREE以降のチャンミン

と、ちょっと時間を遡る感じで書いていきます。

当初、全部鍵付きでと思ったんですけど、
誰かに怒られるまで鍵なしでいこうかと思いなおしました(爆)
うふ。











ちゃっ。。





今回、チャンミンが一人で挑んだ、SMT in Tokyoについては、
これでもかというくらい先日書きました。

個人的に、
感情を爆発させているチャンミンの姿に衝撃を覚えるとともに
深く感動をしたのですが、

私の周囲のトンペンさんの中でも、感じ方が様々で結構驚きました。
(そこまで寂しそうに見えなかった、という声も多数)


うーん、私のユノロスでフィルタかかっちゃったかしら。。と思ってたんですけど、
この記事には未だに拍手をいただくことがあって(ありがとうございます)
同じように感じた方も確かにいらしたんだなあと。








そして、ユノがいよいよ入隊した後に迎えたSMT in Osaka。

私は、いいご縁を得て(Y姐さんいつもありがとうです。。)
2日間ともLive Viewingで参戦してきました。



初日の25日は、緩めユノペンの母と参戦。
いつも、私がブチ切れるほどのKY発言をしでかす母が(^^;
チャンミンの姿を見て、言葉を失っていました。

そして、驚くほど素直に、
「これを見に来ることができてよかった。ありがとう。」
と言ってくれました。

私と母は、2年前の夏に、
同じように、日産のライビュでトン落ちしているので、
今回もその同じ劇場で、この映像を見ることができたのがとても意味深いんです。

そんな母の言葉に、
この記事を書いてみようかと背中を押してもらいました。












25日、26日の件は、もう多くのブロガーさんが
詳しい記事をあげてくださっているので、印象的な部分だけ。



東京公演の後、だいぶチャミショックをひきずってしまったので、
今回もちょっと覚悟しながら、

さらに荒ぶるペンラの数で参戦しました。←注:ライビュ


ちなみに、二人が自分たちの予算でペンのために用意してくれたという
アンコンの時計型LED。大活躍でした。


*画像、お借りしました。

150801_light.jpg

背面のボタンを押すことで色が変わります。
全グループの応援できたさ!これ1つで!
BOAも!SJも!シャイにも!EXOも!エプも!ソシも!
*ただし、めっちゃ切り替え操作が忙しいです。。orz





結構周囲の人たちから、「その手があったか。。」と言われました(^^;
ほほほ。








来日の様子を見てて、だいぶ元気な顔を見せていたチャンミン。
さすがに入隊後に、だいぶ心も落ち着いたかな。。
なんて思ってたんですけどね。







150801_csmt.jpg

全身で、力一杯のT。

東方神起という大看板を背負っている姿が、

やっぱり泣けてしまって。。












150801_smttoho.jpg

楽屋に準備された「東方神起様」のお部屋。
関係者の方のインスタより。


SJとか、グループがわちゃわちゃやっている楽屋の中で、
このお部屋に一人通されたチャンミンの気持ちを思うとちょっとグッときました。
誇らしいけど、寂しかったよね。。







今回のSMTでは、
ほんとうにたくさんのSMファミリーがチャンミンを支えてくれましたね。

いつものギュライン♪ 仲良しライン♪とは少し趣が違って。


ユノという大黒柱の不在を、

チャンミンが受け止めるとともに、

ファミリー全体も受け止めているように見えました。





そして、その受け止め方にも、

それぞれのアーティストとしての心意気が見えて、
個人的にはとても興味深かったです。

(私一個人の意見ですけどもね。)







【鉄板ギュライン ー 安定のぎゅと心配なミノ屋】



超安定の大親友、SJのキュヒョンさん。





まあ、だいたいギュと遊んでみたいですが(^^;


ぎゅったんは、今回私の中で株ストップ高です。

親友として、チャンミンを支えてくれた姿に、
何度も感謝したと共に、
ぎゅったん自体の人となりにも触れた感じで、すごく好きになりました。






素敵なまとめ、お借りしました。

本当に彼の存在が心強かったです。



寿司に連れて行ってくれたり。
卵とイクラをトレードしてくれたり。

すさまじいまでの安定のパトロン感。

このお二人は、88年2月生まれの同い年なんですけどね(^^;
本当に仲良しなんだろうなあ。





チームは違えど、歌にかける思いは似ているものもあって。



エルプの方が、

「キュヒョンの本領発揮の機会を与えてくれてありがとう」

とつぶやかれていました。



仲良しとして、わちゃわちゃするのはもちろんなんだけど、

アーティストとしてチャンミンとしかも東方神起の曲で共演する機会に、
ギュも、力が入っていたんじゃないかなと思います。

そんな、彼の誠実さが声に出て、素晴らしい歌声でした。





今回の「Bolero」の成功は、ギュのおかげとも言えるかも。

素敵なコラボ、こちらこそほんとうにありがとうごじゃいます。







そして・・・。

大阪公演では予想もしないハプニングがたくさんあって。




なんといっても、

チーム全体でチャンミンを支えてくれた、


輝く子達の怪我の多さよ。。(´Д`q


シャオルさん達、辛かっただろうね。。
ユノの怪我の時も、私も禿げそうになりましたからね。。







まずは、登場1曲目であるいちごのミノの不在。



しかし、ミノくん心配ですよね。

そして、こういう時にきちんとそのことを日本語で伝えるチャンミン。

エイネにユノが来れなかった時に、
メンバー中ただ一人だけ、ユノの欠席に触れてくれた彼の言葉を思い出しました。。





そんな中。


ギュ 「スポーツの時は足に気をつけて。みなさんの足は俺のものだから」

ちゃ 「いや、俺のものだ」

ギュ 「いや、俺のものだ」

ちゃ 「俺らのものだから」 
←この日本語能力に爆萌❤︎


考えてみたら、「僕ら」「俺ら」「僕たち」。
彼のデフォルトはいつも「二人」を指すことばだったからね(^^

そんなところにユノの気配を感じて涙。 ←病気












150801_gyul.jpg

安定のギュライン。心強いシム親衛隊です❤︎
いつもけむたく思っててごめんね❤︎ 嫉妬なの。










【ユノライン ー 手負いのテミナ・・】



そして、ギュラインとは異なるけれど、
ユノラインとして、チャミを支えてくれたテミナ。



150801_temy.jpg

パフォーマーとして、ユノと同じ魂を持つテミン。
手の位置ビミョーという話は置いておいて。WKは急所ですのよ。

ユノって無意識にとんでもないトコ掴みそうですよね ←天然という名の凶器



チャンミンの優しい気遣い。
ものっそわかりにくい、さりげなさが彼らしい。。






実は。

私、個人的に、今回テミンが”Mirotic"を踊ってくれたのを知った時(@東京)に、
ちょっと複雑だったんです。。

ユノパートが多いのはもちろん、その踊り方があまりにもユノに似てて。。
見たくないと思ったんです。←ごめんね。本音。








でも、今回改めて大阪のライビュ見て、
彼のユノのパフォーマンスへの敬愛をすごく感じて。

そして、全身全霊で自分のソロを頑張る姿を見て、

ああ、ユノが不在の間、SMP引っ張るのはテミンなのかなーって。

見直しました。その決意と心意気に。







結果的に。

”Danger"の階段でのジャンプかな?

足を怪我してしまったテミナの影響で、

26日のパフォーマンスに大幅に変更が入って。




トロッコで登場した時も、

足でリズムもとれない彼の姿に、

「今日のMiroticはどうなるんだろう?」

と心配しちゃって。。(ごめんね。トン目線で。。)



それでも。






その可愛らしいお顔に隠されてる、

ステージへの思いはユノと同じくらい熱くて強くて。






150801_yt.jpeg

ものすごく強い目で、パフォに参加してくれてました。


いつも舞台のセンターにいるテミンが、
端っこの方でそっと歌ってる姿は、本当にはかなげで切なかったし、
誰よりも本人が辛かったんだろうと思う。


それでも、自分達の曲(エビバディは無くなったんですよね)よりも、
チャンミンの”Mirotic"には穴をあけまいと頑張った彼に、
誰よりも、ユノの気配を感じて、泣けました。





そして、
ほんのりテミナペンになった自分がいます(^^;

可愛くて気の強い子大好きなんですww 

カムバもあるし、早く元気になりますように。。(-人-)











そして、そんなミノとテミナを支えてあまりある、

あまりにも、素晴らしい活躍を見せてくれたMVP 。


【OZ line ー 万能なキーちゃん】





150801_yk.jpg

キーちゃんて、実はユノペンさんなんですよね。

これは、髪型からして”Lucifer"の頃かな?
ユノが「どんどん後輩が力をつけてきて・・」て言ってた頃ですよね。

嬉しそうなキーちゃんの笑顔が、まだあどけないなあ。。
髪型怖いけど。






”ピョルパラギ”でトンペンだということはカミングアウトしていたけど、

今回急遽ミノの代役で踊ってくれた”Mirotic”。

ほとんど練習時間もなかっただろうに、
二日目にはまさかのテミンの分の穴も埋める、
素晴らしい活躍を見せてくれました。。

大好きな東方神起の曲への思いをひしひしと感じました。



キーちゃんを見直したのは、何と言っても、

「School Oz」

その名バイプレイヤーぶりに感動し、
そして、彼の聡明さにびっくりしたんです。


今回のSTLでも、チャンミンに次ぐ、
キーちゃんの日本語の歌詞のうまさにうなりました。

この子がしゃいにの「鍵」と呼ばれる理由がよく分かりますた。





そして、ほんのりキペンに。。(^^;

て、もはやシャオルだっつーね。








【OZ line ー EXOチーム(雑)】


そして、EXOのOZ line。

東京から一人まとう空気が違うので、HOPEで一人になりがちなチャンミンに
ずーっとついてててくれて、本当に心強かった。。



「トンペンの最終形態」最強シウちゃん。
(白いお帽子です)

トンペンの夢のポジションを手に入れた、シンデレラボーイです。

子犬のようにチャンミニヒョンについてくれていて、本当になぐさまりました。






ちなみに、「サバ」の原曲、ノラゾ兄さん10周年記念で来日しますよ。←コネタ






そして、裕次郎スホは華麗にスルーして。
(ミアネヨ)






やっぱりこれは書いておこう。
まさかのダークホース、ベク。



・・・・・・はー。(○´w`○)・・・。
やっぱり、ヒョンがいないと口さみしいんですかね。。←



このチューは、確かに衝撃でしたよ。。

チャンミニヒョンが入ってくるところをキレイキレイしている
べくのあざと可愛さも相当ですが、←大好きですよ!べっきょん!

ちゅーした後に照れ笑いして背中を向けてしまうシムのガチ★照れ感に、
劇場もため息モノでした。。



なんなんだこのやりとりわっ。。


しかし、ほんと、ユノと一緒のステージでは絶対これしないのにねえ。。
(ユノはユノで、後輩くんにこういうこと絶対しないですよね)

永遠のグレーゾーン、万歳。








そして、何気に影のMVPは、チェンかなあと。。

東京以来、"Bolero"のクオリティがメキメキあがってて。。
大阪に響き渡る歌声は本当に見事でした。
(元々、チェンの歌声大好きなんですけども。)

チェンも、元カシちゃんですよね。









さて。←すでに長い (゚ー゚;A







【チャンミン。】


そんなファミリーたちに支えられた、

我らがチャンミン。ウリチャンミン。

彼自身が「20代最後のドームでのステージ」といったこの大阪も。

もう美しさもパフォも神がかってましたね。。




見とれるほど美しかった、"Rusty Nail"
同じ人間とは思えない美しさ。。





そして






同じ人間とは思えない足の長さ。
ウエ?!(゚д゚)






今回のSMTで歌う曲て、いつ頃決めたんでしょうね?

個人的に、夏の会報を読んでて思ったんですが、
アニイベで、「Rusty Nailをもう一度みたい!」という声が高かったことで、
この曲に決めたんじゃないかなって。思いました。

なんといってもペン思いのシムさんですからね(^^









そして、今回の大阪のハイライト。


(*´・J・`)「・・・終わったから。。」

と、いそいそとボタンを閉める。。







ふう・・・・(思い出し遠い目)

意図せず、ぶっこまれましたよね。。

劇場、 ( ꒪⌓꒪) ・・・・白眼。でした。



ゲロかわ❤︎

このシーンで、
この世界に212本は新たなホミン小説が生まれたことでしょう。。






そして、さらに。。




(*´・J・`)「・・・ねえ、待ってたあ?僕のこと。。」


改めて。( ꒪⌓꒪) ・・・・白眼。




・・・なんていうか。。

・・・・その。。






今回のひとり参戦のチャンミンさんは、素の感じていうか、
タメ語が多かったんですよね。

それが、トンのライブではあまりないことなので、
個人的にはめちゃめちゃ新鮮で、



距離感おかしくなりそうでした。
こういう人、多かったと思うのヨー!!



彼氏感ぱねえ。 ←盛大な勘違い






ユノとは又違った意味で、
この子もいろいろだだ漏れな子なんだなと。。



そして、常日頃から、愛らしい子だなあと思ってたんですけど。。

この大阪チャンミンは

愛さずにはいられないビーム 出力限界大放出! 
ものっそ、やられました。。❤︎



今更かよ!のシムペンさんの苦情は受け付けます。









「黄金を抱いて飛べ」のロケ地でもある大阪。
チャンミンの大好きな食べ物がたくさんある大阪。

その思い出の場所で、
彼の20代最後のステージを締めくくることができたことは、
意味深いことなんだろうな。




彼の思いのたけを込めた、渾身のBolero。

キュヒョンとハモるところの柔らかい表情が、
全身で歌うことを楽しんでいるようで胸に迫ります。


実際、京セラに行かれた方が

「Boleroが文句なしに圧巻だった」


と話されてたと伝え聞き、
トンペンとして誇らしかった。




劇場でも、
京セラの丸い特徴的なドーム天井が映る場面では、
空間の抜け感、臨場感が半端なくて。

よく音の通る大聖堂に
3人の澄んだ声が響き渡るような
錯覚を覚えました。

(そういえば、PVも教会でしたよね。)




いつか戻ってきてくれた時に聞き比べるために。
貼っておきますね。

それまで、消されませんように。。(-人-)








そして、今思えば。

25日が最後になってしまった”Hope”。
二日目は、ドラマの撮影で帰ってしまったんですよね。。





【HOPE - チャンミナアアアア!!】



SMTのプロモーションの一環で、
この日は、ファンが撮影した画像をネットでツイートするキャンペーンがあり。
ライビュ劇場でも盛大に皆撮影を敢行。





荒ぶってスマホ数百枚連射したものの、
ピントが唯一あってたこの数枚のチャンミン。。orz

でも、自分の手で残すことができてよかったです(^^


150801_ch01.jpg
150801_ch002.jpg
150801_ch03.jpg
150801_ch04.jpg




(∵)「チャンミナアアアアアーーーーー!!!」
ユノの代わりにまた叫んでやりましたよ。




降り注ぐ金テの中、歌うチャンミン。

ずっと覚えていたい光景です。









そして、密かに私の株が急上昇したもうひとりの方、馬様。
(さまぴよ市場は、SMTで乱高下だったわけですわい)


これは嬉しかったなあ。

すぐ、後ろにひとりでひっこもうとするチャンミンをね、
馬様が「あなたはここだよ!」てセンターに繋ぎ止めてくれたんです。
こういうさりげない気遣い、馬様は上手ですよね。
顔濃いけど(?)、いい奴なんだろうなあ。。



最後、ヒョンのようにしっかりと場を締めてくれたチャンミン。




25日のこれがあったからこそなお、
26日のエンディング、締める人の不在感は半端なかったですね。。
カンタさんが頑張ってくれたけど。










150801_ycsmt.jpg

いつも日本語で締めくくってくれていた二人の不在。
当たり前のように感じてしまっていたこの最高のおもてなしの贅沢さが、
身にしみました。









誤解を恐れずにいうと、

「これからは、僕らの時代」という思いでステージに上がってた人もいたと思うし、

実際お二人が普通に揃っていればもっと出番は多かっただろうし、
その分、出番が増えたチームもいたはずで。



新しいSMファミリーのフォーメーションを模索している印象がありました。












あまりにも花々しいセレモニーを経て、静かに入隊したユノ。

たくさんの人に惜しまれて、愛されて、送られたユノを見ていて、

チャンミンの時はどんな感じかな。。なんて想像していました。





彼自身、愛される価値は計り知れないというのに、

時折、不器用に引っ込んでしまうところがあるように思うんですよね。

それが個人的にはちょっと心配だったんですけど。。






今回のSMTを通じて、



150801_chamy.jpg

しっかりと築かれたSMFの中のチャンミンサポート網

その存在を、強く感じて、杞憂だったなあーと思いました。

心配してミアネヨ!




ユノの最強の相棒であり、

そして彼自身も、

最強の”びょる(スター)・チャンミン”。









「School OZ」を見た時に、

チャンミンを頂点とする新しいSMファミリーの戦略を感じたんですけど、

彼は、今回それをしっかり完成させたんだなと。







もしかしたら、もう少し続くかもしれなかったその形は、

彼が「東方神起」を優先することで、

思ったより短い期間になってしまった気がするんですけど、

これから勝負を迎えるSMの戦略に大きな影響与えてるのではと。

多分、そこには、

想像するしかない、葛藤があったんじゃないかなと。





というわけで、「School OZ」への前振りでした。

次回に続く。。





てもう本当に、
単なるうざい個人の感想日記で、
すいませんすいません。。(人;´Д`)
今更SMTww







■いつもぽち★ありがとうございます。
2年間STAYするニダヨー(^ω^)



b_02.gif
スポンサーサイト

| トン語り | 23:38 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。ドキュメンタリーvol.3で、東方神起の活動?ツアー?を約3年できないとチャンミンが言っていて、チャンミンの入隊が早くなったのかなと思ったのを思い出しました。除隊してもすぐに活動できないのかもしれませんが。
私はOZをまだ見ていないので、次回のブログも楽しみにしています!

| こももも | 2015/08/04 22:38 | URL |

こんばんは

SMTしっかり振り返ってもらえて、見ていない25日の様子も知る事が出来て感謝!!です!
まだまだ知らない事いっぱいあるな〜と細々確認。
私もですねチャンミンサポートの方々、キュヒョンさん(見方が変わりました)、よく知らなかったチェンくん、キーくん、テミンくん、もうすっかり引き込まれて、ファンになりそうです。みんな素敵ですよね。
そして、チャンミンの魅力は言うに及ばず。。

School Oz。。(渡韓なしの人ですので)楽しみです!

| みこ | 2015/08/04 22:46 | URL |

こもももさん、おそおせよ(^^

こんばんわ!コメントありがとうございます♪

確かに!ドキュメンタリーで3年できないと話していましたよね。
このあたりのいろんな事情を含んでそうなコメント、
私もちょこちょこ気になりました。。

SJのイエソン兄さんみたいに、公役勤務だと、
除隊後もライブまでの期間が短かったりするけど、
実際お二人はどうなるかな。。て想像しちゃいますよね。

もうすでに語り尽くされたOzですが、
ユノペン視点で書かせていただきます。恐れ多くも。。
よければ、覗きにいらしてください(^^

| さまぴよ | 2015/08/04 23:08 | URL |

Re: こんばんは

みこさん、こんばんわー♪

大阪のレポ、25-26日が入り乱れちゃって申し訳ないです。。orz
(もう脳内で混ざり合ってしまってまして。。)
ライブは、人によって見てるところとか、感じ方が違いますよね。。
かなーり独りよがりなレポになっちゃったんですけど(汗
チャンミンをとりまく人々が本当に素敵だったなーとおもいますた。

Ozも、チャンミン溺愛ユノペンとしては必見だったんですよ!
うまく私が感じたことが伝わるとよいのですが。。
また、遊びにいらしてくださひ(^^

| さまぴよ | 2015/08/04 23:12 | URL |

鍵コメ Moさんへ。

こんばんわ♪これまた素敵なコメントありがとうございます(*´ω`*)
チャミペンさんからのお言葉。。ハゲまされます。。

大阪 2 Days参加されたのですか!本当にお疲れさまでした。。
忘れられない20代最後のドームでの歌声。
生で聴くことができて良かったですね(^^
スクリーンを通してでも、本当に胸に刺さる歌声でした。。

そして、あの日のドキュメンタリー最終回はこたえましたよね。。orz
私も、ただ待つだけではダメだなと、ひしひしと感じました。。
きっと、二人ともMonsterになって帰ってきますし!

今回のSMTは、今までと違った形で、
SMファミリーを見直すいいきっかけになりました。
私ももちろん、不動の一位は変わりませんニャ!

でも、どんどん力をつけてくれる後輩くんたちの姿も頼もしいですね♪
(2年間、会社を支えてもらわんと。。)

| さまぴよ | 2015/08/05 23:08 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://celebfeb.blog.fc2.com/tb.php/234-d10bf8e2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。