February Celebration!! TVXQ!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Must be in heaven... - 楊州フェス追想②(遅レポ注意)

*本日のイベントレぽは、筆者都合により昨年10月の内容となりますので
「遅っ!」と思われる方は読み飛ばしてください。



寒い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。



私は正月以来ぐずぐずしていた風邪が治ったと思いきや。

このほどですね。
人生初のインフルエンザA型を発症し、
久々の39度超えを体験しまして、何度か天国を見ました。

天国みたのはトンのライブ以来❤︎ ←いろんな意味で違う



そんなこんなで、今日は天国に行った話を今さらながら。
(おお!うまいこと繋がったわ!)

楊州後編を1月中に上げてしまおうエイヤっ!というわけで
更新いたしますです。






この時止め亀ブログとは逆に、光の速さでばしばしっ昇進しちゃうゆの兵長★
(ちゅっかへー♪)

残り少ない軍隊生活を惜しむように、
充実した毎日を過ごされているようですね。
ええこっちゃええこっちゃ。


個人的には、ママCQさんがあげてくれた、
「フンデルトヴァッサー展」に赴いたユノの姿が印象的でした。

170117_yh.jpg

こちらのタペストリーが気に入ってじっくり眺めておられたとか。
ほほう。てか相変わらず男前。。



私、恥ずかしながらこのフン(略)氏、存じ上げませんでした。
オーストラリアの前衛芸術・建築家なんですね。
超ハイブロウでプログロレッシブな作風。

★気になった方こちらから
直線が大嫌いな建築家?ジブリも認めた「フンデルトヴァッサー」の奇抜な建物8選



大阪市環境局舞洲工場に( ゚д゚)ポカーン なりました。



そして次に、高速で光州ビエンナーレ思い出しますよね。
そうでしょうそうでしょう。

170117_ykv.jpg

久々に見るとなんて刺激的。
ユノさんのほとばしるプログレ魂。

正直、初めてみたときは凡人には理解し難かったのですが、
こうやって改めて見ると、すごいなと。

彼がデザインのプロでないことは明白なんですけども、
1つ1つが驚くほど製品に使われたときの立体の計算が
ちゃんとできてるんですよね。

いやほんとうちの子天才か。←今年も絶賛モンペんモード




さあさ、脱線してないで、ほんと忘れないうちにww
楊州後編!

【前編はこちら】
Heaven on earth.... - 楊州フェス追想①




時は少し遡りますが、この日のゆのよんはとっても忙しかったんですよね。
朝から、セレモニーにも参加されていたようで、
こんな爆萌あくび隠しパクスを繰り出されていた模様です。


この動画、何時間でもみてられるなあ。

どうしても載せたかったのでw脈絡なく載せてみました。




ちゃっ!いよいよゆのよんのライブが近づきます!




正直なところ。
ここまで後発記事wwになるとは思っておりませんで。
色々細かいルポをしようかと思っていたのですが、
すでに様々なペンカペさんから動画も上がっていますし、
ライブ中心に書いてみたいと思います。




ーーーーーー

前編でご紹介した、地方物産展で、
大量の虫にまみれながら
思う存分飲み食べ散らかした後、
ステージ近辺にもどるとなにやら騒がしい。



やや?むむ?




とあたりの様子を見ていると、ちょうどユノの部隊のバスが到着したところでした。
近い近いちかーい! ←バスがね。

もう周り中大興奮で、バスの周囲は人だかり。
前から3列目に座っているイガグリ頭がそうだとか、
いやいや、右側の一番奥のどんぐりだ、とか、
もう皆夢(?)がふくらんじゃって大変なことに。

ひ弱な(笑)私は後方の方にはじき飛ばされまして、
それでもバスに3mくらいの距離にもう魂抜けた状態で
スマホ構えて立っておりました。

すると。。


あらぬ方向からすごい絶叫が聞こえまして、
もしや将棋倒し?!と思って慌ててそちらに目を向けると。。



バスの大混乱で部隊に迷惑をかけまいと、
単独別行動で会場入りしていたユノが、目の前を通り過ぎました。。


トンペン歴最近距離記録です。



刮目せよ!( ✧Д✧) カッ!! .



こんなにすごい瞬間なのに、衝撃デカすぎて1mmも思い出せない(ToT)
記録映像があって本当によかったと思いますうう。。

なんかもうほんとにね。

いい匂いがしました。←これ都市伝説かと思ったけど本当
御釈迦様か!

尋常ではない男前でね。もうなんか息止まる感じです。
たった7秒なのに、ソウル旅行の代金元取れたと思いました。。





こうしてゆのよんは、お衣装をもって一人ステージ裏側の車の中で待機されてましたかね。
他のブルムリ君たちはライブ会場の最前列に並んで座って、
他の出し物をながめている感じでした。


我らはどうしていいものやら、
ざわざわしながらユノの再登場をステージ脇で待っておりました。

すると、





キタ━( ゚∀゚ )っ ━( ゚∀゚ )っ━( ゚∀゚ )っ ━!!!!





これだけ?

YES!これだけ。
すいませんすいませんすいません



しかしこの赤い彗星、生で見るとほんと凄まじいです。
王子様か。。高貴か。雲の上か!←モンペン濃度急上昇



もうこんな北茨●的な田舎町の地方イベントの野外テントに向かう
颯爽とした姿の足元にレッドカーペットが見える。
そう確かに存在する!(*´・J・`)




このへんから頭ほぇーってなった状況で、
我がチングCさんが、まさにウルトラCをかましてくれまして、
なんと前から2列目(ふぉおおおお)でライブの本番を見ることができたとさ。。
一生足向けて寝ないから!(いやもう寝てるか)



さてさて。この日のセットリストはこちら。

---------------------------------
[ セットリスト 2016年10月15日楊州物産展イベント]

「Mirotic」 by TVXQ!
「좋다(チョッタ) 」 by Daybreak
「少女」 (ミュージカル「光化門恋歌」より)
「see-through feat.개코, Zion.T」 by PRIMARY
「Dream」 by TVXQ!

---------------------------------

事前に、カシちゃんたちが「セトリがすごく良い!」とつぶやいていたので
期待していたのですが、個人的には知らない曲が多くてですね。

改めて、原曲と比較して見ました。
なかなか興味深い!

このセトリ、ブルムリ神起で話し合いながら決めているんですかね?
もし、ユノが日頃よく聞いている曲だとしたら、彼のプレイリストをうかがい知るかんじで、楽しいですね(^^



① 「Mirotic」 by TVXQ!

素敵なファンカムをお借りします♪
ブルムリ神起 お得意のジャジーなミロですね。
あと何回聞けるかしら。。



映像にもあるように、かなり大きめのモニタが後方にありました。
また、会場を横切るワイヤーカムによる、まるでフェスwwのような空撮もあって、
地方のイベントにしては大掛かりだと思いましたよ。。
(軍のチャンネルでの放映があるのかもしれませんね)




② 「좋다(チョッタ) 」 by Daybreak



(∵ )ノ♪「允浩がちょったー♪」

なんて、本当に楽しそうに歌っていて印象的な曲でした。
「XXがちょったー♪」という風に名詞の部分を変えて、ライブを盛り上げてました。

たしか、お父さんに向かって
「アボジがちょったー!」て歌って笑いをとってましたかね。
ブルムリ君たちが本当に楽しそう。


★原曲はこちらから→
170117_ct.png


このMV見覚えありました。
元ネタ忘れましたが、こういう画面分割のコラージュ風のMV流行りましたよね。




③「少女」 (ミュージカル「光化門恋歌」より)



この曲も、ユノが軍楽隊に入ってからもうお馴染みの曲ですね。
飛び込みの男の人に歌ってもらったのですが、
結構あれがあれでww、ユノの絶妙ないぢりが最高でした。

★原曲はこちらから→
170117_kkm.jpg


原曲というか、ユノが主演したときのミュージカルより。
私ごときがいうことではありませんが、
このミュージカル活動を経て、ユノは劇的に歌唱力がパワーアップしましたよね。
発声方法が安定したというか。

戻ってきても、こういった思い出の曲は大事に歌っていくのかな。



④ 「see-through feat.개코, Zion.T」 by PRIMARY



ブルムリ君が一番ノリノリだったこちらの曲。
このライブ後に原曲を見たのですが、
おおうーバブリーな曲なんですねww

ブルーノマーズに挑戦する話もあったかと思うので、
ジャンル的には近しいこの曲も候補だったんでしょうね。

★原曲はこちらから→
170117_st.png


なんかもう90年代のカラオケビデオにしか見えない(^^;
でも国民的な名曲なんですよね。
別の場で有名なアーティストさんがこれをカバーしているのを
この年末に聞いた気がいたしましたよ。




⑤ 「Dream」 by TVXQ!



すっかり定番になったこちらの曲。
これを聞くとやはり、東方神起のライブが観たくなります。。






こうして、ライブを無事終えて。
にこやかな笑顔を見せながら、ブルムリ君たちと一緒に、
本当に、普通に。

団体バスに乗って、我らが東洋の大スターは、
いつもの宿舎に戻って行かれました。。

こういう姿を見るだに、
今、彼が本当に特別な日々を過ごしているんだなということを
肌身に感じます。





ライブ中にも時々見られた、少し特別な表情。

161210_y01.jpg

このステージも、今日一度だけ。

そして、来年はもうここにはいない。


ライブでは、そこかしこで、
いつもはユノがやっていたCall & Responseを、
ブルムリ君たちが一生懸命しかけていたり。

目玉のかけあいをがんばる皆の姿を、
舞台のそでからそっとみまもっていたり。

そんな、ユノの姿がとても印象的だったんです。

実際、来年このイベントの客席数は半分以下になっているはずで、
歌うことの楽しさを覚えたブルムリ君たちのモチベーション、
彼なりに心配しているような気がしました。。



とにかく言えることは、楽団の全員がもう、

”ゆのよんゆのよんゆのよん”言いまくってて

全員ユノペンかー!←多分そう

皆きらっきらした表情でユノの挙動を全身で追っている感じでした。



歌うたのしさ、楽器を弾く喜び、ステージの興奮。
忘れられない日々と時間も後少しで、
いつか、自分がいなくなった時に。

この残された人たちが、
少しでも同じようにステージを楽しめるように、それを忘れないように。

そーっとそっと、
押していた自転車の手を離すような、
そんなユノの姿が印象的で。






そしてそれは、


彼が、


161210_y05.jpg

私たちの前に戻ってくる日が近いことを意味するわけで。




それはもちろん嬉しいわけですが、
今ここでしか見ることができないユノの姿もまた貴重で。

無理して行ったかいがあった、
本当に忘れられない旅になりました。





その後、
興奮しすぎて東大門で夜中まで爆買いしたことも含めて
まるごと忘れられないっすわ。。



以上、本当に遅レポ失礼しました!



■いつもぽち★ありがとうございます。

Happy 2017!(*´・J・`)人(∵*)


b_02.gif
スポンサーサイト

| ユンホ&チャンミン通信15-17 | 23:26 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

鍵コメ Miさんへ。

こんばんわ〜♪コメントありがとうございます!
お返事遅れて申し訳ありません。。
今年も宜しくお願いします❤︎

そうなんですよ、本当に近くてね。。(遠い目)
今でもあれば夢だったじゃないかと。。←正気?
貴重な、今しか見られない姿を見にいくことができて、
本当に良かったです。
少しでもお裾分けになれば♪

K-POPを好きになって感じるのは、
世界の政情とか経済の動きからの影響が大きいこと。
色々敏感になって勉強になる反面、
私たちが純粋に大好きなエンターテイメントの世界にまでも、
理不尽な作用が起きることろは本当に残念ですよね。

そこだけは、人々の人生の楽しみとして、
不可侵の領域としていつまでも輝いていてほしいと
切に思います。

お、真面目になった←

ちょ、まじですか?
ソウルお買い物レポかいていいですか?
(長くなりそうなので自重してましたww)
承りましたーっ!

| さまぴよ | 2017/02/05 23:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://celebfeb.blog.fc2.com/tb.php/301-fd830b5f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。