February Celebration!! TVXQ!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

祝☆トン活一周年 ー NissanからShanghaiへ。

SMT in Seoulの興奮さめやらぬ中、

前を向いて進み続けるお二人。





ユノヒョンは昨日はドラマの撮影をこなし、

今朝お二人で上海入りしたトン。おつかれさま。。





続々と、素敵な画像があがってきましたね(^^

上海モータショーの様子。

今頃、お疲れさまで美味しい点心でも食べてるといいなあ。。





140817_syc.jpg

まさかの黒スーツ神起。



ちょ、も、鉄板すぐる。。♡♡

しかも、2人でSomething (がーるずでー)踊ってるし。。ι(´Д`υ)






ユノヒョンの「チャンミン、綺麗だった♪」発言もあったそうで。



お元気そうで何よりです。


胸熱!




最近、マジで隠すのやめたんじゃねーかと思いますよ。。

いいよ。やっちゃえよ!

ふうーふー♪

・・・ふうふう。。うう。。orz(息切れ)






最近のお二人は、ペン放置の疾走ぶりで、

それでもキチペンは全力でついていきますよ。ええ。


ふうふう。。





140817_sy01.jpg

ユノヒョン。

なんだかすごい勢いでいい男になっていて、

嬉しいやら、寂しいやら、やっぱり嬉しいやら。。

手の届かないくらいのイケメンになってきましたね。まぶしい。。

(元々1mmもとどいてねーっつねー。)






140817_sy02.jpg

パフォーマンスの魅力もぐんぐんあがっちゃって。もう。

なんだか、かっこかわうぃー☆さが増し増しつゆだくで、

もう、お腹いっぱい。。ι(´Д`υ)





新しい姿を見せてくれるたびに、

ユノペンであることを、満足させてくれる。

本当に、ユノペンは、幸せ者です♡














そういえば。










そう、あの日からもう、1年もたつんですね。





私が、トン堕ちした、TIME TOUR Final in Nissan。


2013年8月17日。






このブログを始める時に、「はじめに」にちょこっと書かせていただきましたが、



トンとの出会いは、Live Viewingでした。





事前に、KYHDとかBUGのようつべで、

大分、というか相当気になってはいたのですが、

初めてのライブ、しかも、ライブビューイング。

しかも、いわゆるアイドルのライブって見た事がなかったので

(どちらかというと、ロキノン系ライブハウス属の出自)

恥ずかしいやら、どうしたらいいのやら。



劇場について、スクリーンにはNissanの会場が生で映し出されていて。

隣に座った方が、当然のようにペンラを鞄から取り出したのをみて

ちょっと「くすっ。。まじかよ。。」と笑ってしまったのもつかの間。





Opening映像がはじまるやいなや、

実際の会場に負けないくらいの

大歓声に包まれる中。






驚きの光景が目の前に広がりました。









140817_nissany.jpg

大歓声につつまれて、現れた、

真っ白のユノ。







この世のものとは思えない神々しさに


完全にフリーズ。







140817_nissany03.jpg

タカラヅカのようなすごいお衣装だと最初は思ったのですが、


「いや、ヅカよりよっぽど綺麗だ。。(ごクリ)」


息をのみました。


しかも、リアル2次元といわれる超絶美形&9頭身の2人。





いちいちぶち込まれるユノヒョンのドヤ顔に、





140817_nissan05.jpg

日産会場が「キャー♡」



140817_nissan04.jpg

ライブビューイングでも「キャー♡」



壮絶な悲鳴が起きるたびに、最初は笑っていたのですが、







最後は一緒に叫んでました。


声枯らしました。。orz



そして、ペンラがふりたくてふりたくて、

最後は周囲のペンラが

うらやましくて仕方ありませんでした。







3時間半というものすごい密度の濃い時間が、

あっという間にすぎて。



すばらしいパフォーマンスを見せてくれた2人が、

きらっきらの汗を流しながら、最後の挨拶をしてくれました。






140817_nissanc.jpg

「東方神起をまもってくださって、

そばにいてくださって、

ありがとうございます。」










2人の真摯な挨拶が、最初はおおげさに聞こえました。

正直びっくりした。


だって、もう大スターだし。

不動の存在だし。





なぜ、そんなに、守るとか、一緒にいるとか、

ファンに感謝する必要が有るの?

何が不安なの??





事情を知らない人間には、

少し驚きを感じるほどの、謙虚な、誠実な、

2人の言葉でした。










そこから、2人の事をたくさん知りたくなって、


色々な記事を読み、

お友達になってくださったトンペンさん達からお話をきき。







今の2人の言葉の意味を、重さを。

少しずつわかるようになって、

今に至ります。










まだまだ私は新米ペンです。


でも、この1年、彼らが歩んできた道を、


私なりに、がんばりながら一緒に時を重ねてきて、


リアルタイムにがんばる彼らに、


本当にたくさんのがんばりをわけてもらって。







人生を見つめ直すような辛いこともたくさんあったけど、


それでも、


今日を生きててよかったと思えるくらい、


確かな毎日を、


彼らのおかげですごせています。











140817_smtyb.jpg


ありがとう。

この背中に伝えたい言葉が、

たくさんあります。







きっとこれからも、彼らの人生にはたくさんの事があって、


私の人生にも、たくさんの出来事があるでしょう。


でも、ときどき、ライブという夢の形で、


時間と空間を共有することで、


同じ時代を歩みながら、


まだまだたくさんの夢を見ていく事ができればいいなあ。




いつまでもいつまでも、

力一杯応援しているからね。





私も、前を向いて、

がんばろう。



さあ、トン活 2週目開始!









■恥ずかしながらランキング参加中です。。
 よろしければ、ぽち★お願いします。。カムサムニダ(・∀・)


b_02.gif





スポンサーサイト

| トン語り | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://celebfeb.blog.fc2.com/tb.php/74-335a6d0f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。